親子探検隊

2017-9-29
海と日本PROJECT in 佐賀

有明海を漁船に乗って体験する「親子探検隊」が開催されたよ。このイベントは水産資源の大切さを学んでもらうため、佐賀県が毎年夏に行っているんだ。今回は16組51名の親子が参加したよ。

まずは沖合にある観測タワーを見学。普段立ち入ることの出来ない海上のタワーにのぼって、有明海の眺めを楽しみました。次に有明海の伝統漁法「アンコウ網漁」を体験。魚のアンコウが口を開けて魚を待つ姿に似ていることから名づけられたんだ。網にはエツやクチゾコなど有明海特有の魚がいっぱい。有明海のエイリアンと呼ばれるワラスボもたくさん捕れたよ。

ワラスボを見て怖がる子もいれば、珍しくてじっくり眺める子も!
とれた魚はみんなで分けて持ち帰ることができるんだ。
親子で貴重な体験ができて、夏休みのいい思い出づくりになったようだね。


レポーター紹介

ミランバくん
5歳の元気な男の子。佐賀のことを知りたくて、いろんなところに出かけています。

関連リンク

ページ上部へ戻る