osakana02

廃棄されるアジの中骨を使った「お魚ビスケット」 高校生が商品化

伊万里市の高校生が廃棄されるアジの中骨を使ったビスケットを開…
詳細を見る
海に囲まれた日本。佐賀県は、北に日本三大松原の一つ「虹の松原」が広がる玄海灘、西に一部リアス式海岸の伊万里湾、南に最大6mの干満差日本一を誇る有明海と特色の異なる海に囲まれています。それぞれに、呼子のイカ、カブトガニ、有明海苔、ワラスボ等独自の生態系・名産品が存在します。「海と日本PROJECTin佐賀県」では、そんな佐賀県の海の今を伝えることで皆さんに興味を持ってもらい、海と共生するムーブメントを起こすことを目的に活動しています。

最近の記事

お知らせ

4456277_m

2021-4-20

海洋ごみ対策の取り組み募集!「海ごみゼロアワード」

近年、海洋ごみによる海洋環境の汚染、人々の生活・健康への影響が危惧されています。海ごみゼロアワードでは、海洋ごみ対策に関して、全国から優れた取り組みを募集・選定し、日本のモデル事例として世界に発信しています。海洋ごみの対策・削減につながる取り組み、アクション(活動)イノベーション(技術開発)プロダク…
詳細を見る

イベント

海プロ オリイベ2022_参加者募集.Copy

2022-8-5

小学5・6年生を対象に、有明海の誇り「コハダ」を学ぶイベントが開催!

★★★応募はこちらから★★★江戸前鮨には欠かせない高級魚「コハダ」について、そして有明海について、楽しくおいしく学ぼう! イベント内ではマリンスポーツ体験も! 夏休み明けの土日も楽しく過ごしたい、脂の乗ったコハダを食べてみたい、海が好き、有明海に興味があるみなさん!ぜひ応募ください♪募集…
詳細を見る

レポート

1028101

2022-10-28

シチメンソウ赤く色づく 国内最大の群生地で見頃迎える

佐賀市の東与賀海岸で、シチメンソウが赤く色づき見ごろを迎えているよ。赤く色づくシチメンソウは、塩分濃度が高い場所で育つ塩生植物で環境省の絶滅危惧種に指定されているんだ。 佐賀市の東与賀海岸は、シチメンソウの国内最大の群生地として知られているんだけど、2018年に原因不明の立ち枯れにより生育が心配され…
詳細を見る

番組情報

佐賀県-A・06+私たちと海をつなぐ海中水族館!玄海海中展望塔01

2022-8-22

私たちと海をつなぐ海中水族館!玄海海中展望塔

東松浦半島の最北端にある波戸岬。 美しい風景はもとより、キャンプや釣り、海水浴にグルメなど、海を存分に楽しめるリゾートエリア。そして波戸岬の代表的な施設がこの玄海海中展望塔。 水深7メートルの海中展望室からは、およそ30種類の魚や海藻、貝類を見ることができます。その光景はまさに天然の水族館。「すごい…
詳細を見る
ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in 佐賀
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://saga.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://saga.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 佐賀</a></iframe><script src="https://saga.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>