鹿島ガタリンピック

2017-7-7
海と日本PROJECT in 佐賀

朝は海だった会場も、お昼には干潟が現れれてきてびっくりしたよ。
干満の差が日本一大きい有明海で行われる干潟の運動会「鹿島ガタリンピック」が開催されました。
今回で33回目を迎えるガタリンピックは、県外や海外からも参加する人が増えて、今年は競技参加者1200名、観客は3万人もいたんだよ。
参加者は大人も子供も泥まみれになって、ユニークな競技に挑むんだ。
みんな豪快に泥の中に突っ込むのがいいんだって。干潟の楽しさを知ったらやめられないみたいだね。来年はみんなも参加して干潟で有明海を楽しもうね。

レポーター紹介

ミランバくん
5歳の元気な男の子。佐賀のことを知りたくて、いろんなところに出かけています。
  • +1
  • 「鹿島ガタリンピック」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://saga.uminohi.jp/widget/article/?p=445" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://saga.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 佐賀</a></iframe><script src="https://saga.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in 佐賀
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://saga.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://saga.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 佐賀</a></iframe><script src="https://saga.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>