宝の海に親しみを

2018-6-27
海と日本PROJECT in 佐賀

ムツゴロウにシオマネキ
いろんな生き物が住む有明海は、干満差およそ6mもある宝の海。

もっと有明海に親しんでもらいたいという思いで毎年初夏に鹿島ガタリンピックが行われています。

今年は、およそ1300人が干潟ならではの競技に参加しました。

泥だらけになって「宝の海」を五感で感じることが、海に親しみを持つきっかけになっています。

佐賀県-A・02-s03

レポーター紹介

ミランバくん
5歳の元気な男の子。佐賀のことを知りたくて、いろんなところに出かけています。
  • +1
  • 「宝の海に親しみを」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://saga.uminohi.jp/widget/article/?p=997" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://saga.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 佐賀</a></iframe><script src="https://saga.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in 佐賀
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://saga.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://saga.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 佐賀</a></iframe><script src="https://saga.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>