海の日インタビュー

2018-7-17
海と日本PROJECT in 佐賀

玄海灘と有明海はわたしたちにたくさんの恩恵を与えてくれています。
その海にどんな思いを持っているかインタビューしてみました。

「子どもに戻れる遊ぶ場所」
「母であり、友である」
「夢があふれている」
「癒される場所」
「出会いの場」
「生活の一部」
「ふるさと」
「楽しいところ」
「いつも身近にあるもの」
「大きなプール」
「青春の思い出」
「心が落ち着く場所」
「冒険」
「でっかい魚がいるところ」
「趣味の場所」
「癒しの場所」
「きれい」
「心のいやし」
「自然」
「全ての原点である」
「泳ぐ場所」
「落ち着ける場所」
「生命のみなもとである」
「出会い」

みなさんそれぞれに、海にいろんな思いを持っていますね。

intaview (3)

レポーター紹介

ミランバくん
5歳の元気な男の子。佐賀のことを知りたくて、いろんなところに出かけています。

関連リンク

ページ上部へ戻る