呼子の今と昔 鯨組中尾家屋敷

2018-7-23
海と日本PROJECT in 佐賀

多くのイカ釣り船が並ぶ港町「呼子」。
今はイカで有名な街ですが、江戸時代には捕鯨が盛んにおこなわれていました。
当時は「鯨一本捕れれば七里浮かぶ」といい、
鯨が一頭捕れると七つの集落を潤すことができるほどだったそうです。
鯨組主中尾家屋敷には、明治時代まで続いた捕鯨の歴史や
鯨とのかかわりを示す貴重な資料が展示されており、
一昔前の呼子の海を今に伝えています。

kujiragumi (3)

kujiragumi (4)

レポーター紹介

ミランバくん
5歳の元気な男の子。佐賀のことを知りたくて、いろんなところに出かけています。

関連リンク

ページ上部へ戻る