カブトガニの幼生放流会

海と日本PROJECT in 佐賀

伊万里湾の多々良海岸は、国指定天然記念物のカブトガニの繁殖地なんだ。
2億年前からその姿が変わらず「生きている化石」と呼ばれるカブトガニ。
佐賀県立伊万里高校の理科生物部ではカブトガニの調査研究を50年前から地道に続けてきたんだ。
今は9名の部員さんがカブトガニの飼育や研究をしてるんだよ。

今回は伊万里高校で卵を孵化させて、伊万里市の3つの小中学校が協力して育てた赤ちゃんカブトガニ1000匹を海に放流しました。


レポーター紹介

ミランバくん
5歳の元気な男の子。佐賀のことを知りたくて、いろんなところに出かけています。
ページ上部へ戻る